お問い合わせ   プライバシーポリシー   サイトマップ  
カウンセリング
カウンセラーまでの道程
カウンセラー 嶋村 哲成

カウンセラー

嶋村 哲成 (カウンセラーブログ)

資格

厚生労働省認可 上級ケアストレスカウンセラー
同上 青少年ケアストレスカウンセラー
同上 企業中間管理職ケアストレスカウンセラー
同上 高齢者ケアストレスカウンセラー
人材育成支援振興会認定 メンタルケアセラピスト

職歴

ミュージシャン、美容師、飲食業【和・洋】ホールマネージメント

経歴

2000年うつ病と闘病中の妻と交際、2001年6月結婚、2002年長女出産、2005年妻の診断が、うつ病から初期統合失調症に変更、それに伴い、病状悪化、「わたしが生きていればあなたや娘に迷惑がかかるよね。」が口癖になりだし同年7月、娘と私の、幸せを祈る 遺書を残し自死に至る。私は、自分の全てを懸けて守るべき最愛の妻を亡くしました。

その後、私自身、PTSD【心的外傷後ストレス症候群】や、家族間 親族間のトラブルもあり、極度の躁うつ状態、不眠、睡眠障害、摂食障害、自殺企図、等を経験、初めて、妻が、どれ程辛く、苦しく、寂しい、気持ちと闘っていたかを自分の心と体で、学ぶ事が出来ました。生前、妻が元気な時期に言っていた「わたしの病気が治ったら、同じ病気の人達を助けてあげたいんだ。」その言葉が自身の闘病中も、私の頭から離れず、妻の想いを、受け継ぐには私に何が出来るのか?と考え続けました。(メンタル疾患のデパート)、そう呼べる程、妻は様々な症状を抱えていました。その妻を、5年以上間近で見て来た、経験を、そして、自身が体験した事を今、この瞬間も、苦しんでいる方達や、そのご家族、恋人、友人達に、少しだけでも、フィードバックする事は出来ないか?そして選んだ答えがカウンセラーへの道でした。メンタルのケアの対応を基礎から学び、正しい対応を身に付ける度に、私が妻にとっていた対応を、思い返し、心がえぐられる様な、学習期間が続きました、同時に、これで、私達夫婦の様な、思いをする人を、1人でも、減らす事が出来るという手応えを掴みました。私達夫婦の様な例は、極めて稀です、しかし、今を生きる、全ての人が何らかのストレスを抱えています、そのストレスがパンクしてしまわないうちに、気軽に、カウンセリングルームのドアを、ノックして下さい。他人から見れば、くだらない悩みでも、本人に取っては大問題である事を私達は知っています、そして、その問題を解決する、お手伝いをさせて頂ける時を、お待ちしております。